生活保護費117万円を不正受給 「楽な生活したかった」77歳の韓国籍の女を詐欺容疑で逮捕…河内長野市

スポンサーリンク

 収入があることを隠して生活保護費を不正受給したとして、大阪府警河内長野署は7日、詐欺の疑いで、アルバイトの韓国籍、ハイ久子容疑者(77)=大阪府河内長野市=を逮捕した。容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、食品会社でのアルバイトの収入があったにも関わらず、平成27年7月~28年7月、収入がないと偽って河内長野市から生活保護費約117万円をだまし取ったとしている。

 同署によると、ハイ容疑者は「母の介護で働けない」として平成11年9月から生活保護を受け始めたが、母親が12年5月に亡くなった後も受給し続け、市から再三警告を受けるなどしていたという。

 ハイ容疑者は「アルバイトで月10万円の収入があったが、嘘の申告をしていた。楽な生活をしたかった」などと供述しているという。

産経新聞

なんともいえないニュースですが、77歳という高齢なのに頑張って働きすぎたんかな?

嘘の申告をしないと福祉事務所にちゃんと相談していたら、もしかすると受給を続けられたと思うし、逮捕されることは無かったと思います。

しかし、77歳で雇ってくれる会社があることにビックリしましたし、77歳で10万円を稼ぐアルバイトをできた体力にビックリしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク