東京都調布市国領町の祖父を殺害した孫がクズすぎる

スポンサーリンク

私もクズだけど、これはあまりにもひどい。

こんな人間にならなくてよかった。

 「逮捕前にタバコを一本も吸わせてくれなくて、マジむかついてるんすよ」。東京都調布市の都営アパートで住人の高齢男性が殺害された事件。強盗殺人容疑で逮捕された孫は取調室で刑事にこう言い放ったという。カネの無心を断られて逆上し、顔や頭をはさみで何度も突き刺して祖父を殺害。凄惨(せいさん)な犯行だが、捜査関係者によると、取り調べには「関係ねえ」「クソじじい」などと言い放っていたという。祖父と孫にいったい何があったのか。

 2月16日午前11時ごろ、東京都調布市国領町の都営調布くすのきアパート1階。無職、山本一夫さん(89)の部屋をホームヘルパーの女性が訪ねた。部屋は珍しく施錠されており、ドアノブには宅配のカツ丼が掛けられたままだった。女性は不思議に思いながら、合鍵を使って入室。室内は静まりかえっていたが、ベッドに膨らみがあったため布団をめくった瞬間、女性は悲鳴を上げた。

 ベッドに横たわった山本さんの遺体は、元の顔が分からないほど裂傷や挫滅傷が多数あり、鼻骨やあごの骨は折れていた。中には頭蓋骨を貫通し、脳にダメージを与えるような傷も複数あったという。ベッドには血だまりができており、凶器のはさみが2本、放置されたままだった。司法解剖の結果、山本さんの死因は、頭や顔の傷による出血が気道を通って肺に入ったことによる窒息死。いつも現金を入れていたバッグが部屋からなくなっていた。

 40年近く前に建設され、9つの住居棟と商店街が一体になった都営調布くすのきアパート。山本さんは古くからの住人で、知らない人はいない“名物おじいちゃん”だった。近所の老人ホームに入所している妻の見舞いを日課にしており、足が悪いため、いつも手押し車を押しながら歩いていた。年金の支給日を心待ちにし、友人と将棋をたしなんだ。「お茶目な性格で、恨みを買うような人じゃない」と、近所の人々は口をそろえた。

 元気な姿が事件前日まで目撃されていた。「100歳まで頑張らないと」。近所の住人が体を気遣うと、そう笑って返していたという。団地に住み着いた猫をかわいがっていた山本さんは、猫が部屋に入ってこられるよう、ベランダの窓を少し開けておくことがあった。孫の建築会社社員、山本裕也容疑者(23)はそこから侵入した。

 裕也容疑者は山本さんの孫で、年金支給日のたび、カネの無心に訪れては「孫がカネを返してくれない」と山本さんを困らせていた。関係者らによると、裕也容疑者は幼いときに両親が離婚。山本さんが面倒を見ていた時期もあったが、素行が悪く、家を追い出されたという。裕也容疑者は周囲に「家族に捨てられた」と漏らしていた。

 仕事を転々とし、唯一の趣味はパチンコだったという。かつて裕也容疑者が「大虎小虎」の源氏名で働いていたホストクラブでは、同僚から「カネを借りても絶対に返さない奴」として有名だった。カネを借りてはパチンコに行き、家族や知人のほか、消費者金融からも数十万円の借金をしていた。裕也容疑者は山本さん宅を「ヒマになれば金を借りに行く場所と認識していたようだ」(捜査関係者)。山本さんの妻が入所している老人ホームにもカネの無心に現れたため、山本さんは裕也容疑者にカネを渡さないよう注意していた。

 警視庁調布署捜査本部は当初から、裕也容疑者を重要参考人としてマーク。ベランダから足跡を採取し、防犯カメラの映像で犯行時間帯前後、現場周辺に裕也容疑者がいたことを突き止めた。裕也容疑者の自宅からは犯行時に着用していたとみられる血のついたジャンパーを押収。付着していた血は山本さんのDNA型と一致した。逮捕後の調べで、裕也容疑者は当初「関係ねぇ」、「かかわり合いたくない」と供述。山本さんを「くそジジイ」呼ばわりし、刑事の質問に「てか、眠くねぇ?」「マジだるい」などと返答し、困惑させた。ある捜査関係者は「あまりにも幼くて身勝手な言動。話が通じない」とため息をつく。とはいえ、そんな裕也容疑者も逮捕から日数がたつにつれ、犯行を認めはじめた。

 供述によれば、犯行数日前に自分で稼いだ給料9万円をパチンコで使った後、周囲にカネを無心。最終的に、2月15日夜に祖父宅にベランダから侵入し、カネを借りようとしたが「お前は家族じゃない。赤の他人だ」と言われカッとなって殺害し、財布を盗んで逃走したという。自宅に一度戻った後、逮捕されるまで知人宅に身を潜めていた。山本さんの部屋からは現金数万円がなくなっていたが、裕也容疑者が27日に逮捕されたときの所持金は15円だった。

産経新聞

読んだあとの不快感が半端なくひどい。

人間ってここまで身勝手になれるんだね。

おじいちゃん、この孫が生まれたときはうれしかっただろうな。可愛がっただろうな。

それがこのような最期を迎えてしまうなんて残酷すぎる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク