ケースワーカーが金づちで殴られるなどして重傷…生活保護受給トラブル? 東大阪

スポンサーリンク

 21日午後0時15分ごろ、大阪府東大阪市西鴻池町の理容店兼住居の1階店舗で、生活保護受給の話し合いに訪れた同市非常勤職員の女性(44)が、同店経営の男に金づちで頭を殴られた。女性は額から出血しながらも、住居手前の扉に鍵を閉めて2階へ避難。男が金づちで扉を壊して追いかけて来たため、女性は2階の窓から地上に飛び降り、近くの交番に駆け込んだ。女性は着地時に右足を骨折するなどして重傷。

 大阪府警河内署は殺人未遂容疑で、この住居に住む同店経営、阪田晃弘容疑者(81)を現行犯逮捕した。「殺してやろうと思った」と容疑を認めている。

 同署によると、阪田容疑者は市から生活保護を受給。ケースワーカー担当の女性と話し合いをしていた際、金づちを複数回振り回したという。

 同署は受給をめぐるトラブルがあったとみて調べる。

産経新聞

さすが大阪だねって感じのニュースだね。

しかし血気盛んで元気な81歳ですね。

保護を受給している身分でお世話になっているケースワーカーを殺そうとするってよっぽど頭にきたんでしょうね。

どんなトラブルで殺意を抱いたのかはわからないですが、言い方は悪いかもしれませんが、いわゆる老害ってやつなんでしょうね。

てか、襲われたケースワーカーの立場になってみたら怖いな。カナヅチでドアを壊してまで追いかけてきたって。

ちょっとしたホラー映画みたいだ…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク